5年生 田植え体験をしました

6月13日に小学校の前の田んぼで田植え体験をさせていただきました。グリーンファーム揖西・JA揖西支店の方に来ていただき、田植えの仕方や苗について、お米の種類などたくさんのことについて教えていただきました。

5年生は今回、実際に自分たちで体験することが初めてだったので、足の裏で感じる土の感触や、腰を曲げて苗を植えることの大変さなどを学習することができました。また、社会科「米作りのさかんな地域」で学習している、山形県の庄内平野での米作りと比べながら話を聞いたり体験したりしていました。最後にいただいた苗をバケツに植えました。大きな稲になるまで大切に育てていきたいと思います。

5年生 皮革工場見学

6月7日に皮革工場の(株)モリヨシへ見学に行きました。たつの市の地場産業の一つでもある皮革について学習できることに子どもたちはとても楽しみにしていました。皮革のことを詳しく教えていただきながら、そこで働く人々の思いも感じ取っていました。工場の方の話をメモを取りながら聞き、意欲的に取り組むことができていました。これから、工場見学をもとに皮革についてより学習を深めていきたいと思います。

5年生 図工:ほり進めて刷り重ねて

同じ紙に、少しずつほった版を、色を変えて刷っています。どこをほったら色がつくのか、前の色が残るのか、思いに合った形になるように頭の中でイメージしながら頑張っています。彫刻刀の使い方やローラーの使い方を復習しながら、インクを混ぜたり組み合わせたりして、カラフルな思い思いの絵が完成に近づいています。

5年生 食肉出前講座

 

6月16日(水)に西播磨食肉衛生検査所の方々に来ていただきました。身近にあるスーパーなどに売られているお肉は、どのようにしてできているのかを教えていただきました。

クイズやスライド、動画などを通して、分かりやすく教えていただきました。

講座後の子どもたちの日記には、「いただきます」の言葉の意味を改めて考え、動物への感謝を忘れずに残さずしっかり食べたいという思いが多く見られました。

 

5年生 タブレット学習に取り組んでいます。

 

5月から本格的にChromebookを授業で活用しています。総合的な学習の時間で皮革について調べ学習をしている様子です。子どもたちも「今日はどんなことをするのだろう。」と目を輝かせています。使い方、約束などを守って、楽しく学習しています。

5年生 4月の様子

 

 

   

                  図工科の学習 「心のもよう」

画用紙に、自分の心の模様を描きました。「今の自分の気持ちを、色や形で表現してみよう。」と伝えました。それぞれの児童が、今の自分の心と向き合い、作品作りに取り組む姿が見えました。

コロナ禍の中で、不自由さを感じている児童が多いと思います。その中で、自分の心をありのままに表現することができた時間となったのではないでしょうか。

 

5年生の思い出

 今年度はコロナ禍ということもあり、臨時休業から始まり、さまざまな制限がある中で行事や活動を行いました。子どもたちが一番楽しみにしていた自然学校も日帰りの3日間の活動になりましたが、その中で精一杯友だちと楽しみ、たくさんの思い出を作ることができました。この思い出を胸に、最高学年のスタートへとつなげてほしいと思います。