4年生 揖龍クリーンセンター(エコロ)見学

6月2日に揖龍クリーンセンター(エコロ)へ見学に行きました。

ごみが処理されていく過程を動画で見た後、それぞれの作業現場に行き、ごみが生まれ変わっていく様子を学ぶことができました。

見学後は、「生ごみは水分を切ってから捨てる」「きちんと分別してごみを捨てる」といった意見をもち、環境に気をつけて生活をしようという気持ちを高めることができました。

4年 図画工作科「コロコロガーレ」

図画工作科「コロコロガーレ」で、ビー玉を転がすコースを制作しています。トンネルを通るようにしたり、カーブさせたりするなど、おもしろいコースになるように工夫をしています。友だちの工夫したコースを鑑賞しながら、アイデアを膨らませて楽しく活動する姿が見られました。

4年生 総合的な学習の時間での学びを伝えました

4年生では、「つなごう、揖西町」をテーマに、総合的な学習を進めてきました。主に、1学期には福祉体験を、2学期には地域の川「古子川」について学習しました。学習を進める中で、障がいのある方とのかかわりで大事なことや、みんなの幸せのために懸命に努力した先人たちの生きざまから学んだ大切なことに気づき、今の自分にできることを考えました。そこで、3学期は、今までの学びを3年生に伝えたいという子どもたちの思いのもと、学習した内容をそれぞれの方法でまとめ、発表しました。発表することで、自分たちの学んだことがより深く、自分のものになりました。

4年生 健康の森博士に、話を聞かせていただきました

1月20日(木)に、現新宮自治会長で、以前、揖西西小学校で教員をされていた山本和弘さんを講師としてお迎えし、3,4年生ともに、健康の森についていろいろと教えていただく機会をもちました。

「なぜ、『健康の森』を当時の人たちが作ろうと思ったのか。」「そもそも『健康の森』の名前はなぜついたか」など子どもたちが疑問に思っていたことを教えてくださいました。健康の森が完成するまでには、1年を要し、PTA、自治会のみなさん、揖西西小学校の先生など約1000人の人が関わって、完成したという話を聞き、子どもたちからは「すごい!」と歓声があがりました。子どもたちの健やかな成長を願って、地域が気持ちを1つにして、様々な問題を解決しながら懸命に整備してくださったことを知り、子どもたちも感謝の気持ちでいっぱいになりました。

4年生 校外学習に行ってきました

バンドー神戸青少年科学館では、体を使った体験から、ものに働く力の仕組みなど、様々なエネルギーについて学びました。「なぜ?」と思うことを解き明かしながら「わかった!」と理解するまでを楽しんで活動することができました。

人と防災未来センターでは、阪神・淡路大震災の再現映像を見て、地震のおそろしさや被害の大きさを改めて実感できたように感じます。過去の地震の教訓から、防災・減災社会の実現のために、一人一人が災害に対する正しい知識をもつことが大切だと学びました。

校外学習をとおして、子どもたちは新たな気づきや疑問をもちました。これらを大切にして、今後も学びを深めていきたいと思います。

4年生 海に学ぶ体験学習を行いました。

10月19日(火)には谷口学級、10月21日(木)には成定学級がそれぞれ、海に学ぶ体験学習のため、室津漁港へ出かけました。

両日とも天候にも恵まれ、海の風を感じながら約30分の船旅を楽しみました。乗船体験が初めての児童も多く、終始大感激でした。下船後は、いけすを見学しました。初めて見る魚やハモの様子、タコが足をくねらせる様子など、目で見たり手で触ったりすることで、海の生き物を体験的に知ることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4年生 一人一台端末を有効活用

現在、4年生は体育科の学習で、マット運動に取り組んでいます。開脚前転や開脚後転にも挑戦し、練習を重ねています。そこで、自分の動きを確認してみようということで、Chromebookの動画機能を使い、お互いに撮影し合いました。撮影した動画で自分の動きを確認することで、起き上がる時にひじが曲がっていることや、足の開き具合が不十分であることなど、自分自身の課題が見つかったようです。また、お互いにアドバイスをする様子も見られ、学習内容に合わせて、Chromebookを有効に活用しています。

4年生 福祉体験をしました

4年生の総合的な学習の時間を使って、福祉体験をしています。子どもたちとの学習の中で、「障がいのある方の願いを知りたい。でもどう関わったらよいかわからない。実際に自分の立場を置き換えて体験することで、気づくこともあるだろうから、体験してみたい。」との願いから、この体験を行っています。6月29日には「手話体験」、30日には「アイマスク体験」、7月5日には「点字体験」を実施しました。7月中に「車椅子体験」も予定してい ます。体験に終わらず、福祉に関する学びを深めていきたいと考えています。

 

【手話体験】

【点字体験】

 

 

4年生 Chromebookびらきをしました。

「いつするの?」「早くやってみたいな」と、子どもたちが楽しみに待っていたChromebookとの出会いを5月はじめにしました。はじめのうちは、手に取って慣れることに重点を置き、取り組みを進めました。Chromebookを使用することで、子どもたちは、様々な便利な機能を知ったり新たな発見をしたりして、とても楽しく活動を進めています。今後は、文字入力のスキルアップを図りながら、各教科のねらいの対応させてChromebookを活用し、よりよい学びにつなげていきたいです。

 

 

毎週金曜日は、新聞活用タイムです。(4年)

金曜日の朝の学習の時間、3年生は読売新聞ワークシートを活用して、世の中で起きている様々なことに出会い、文章を読み取ることに取り組んできました。

4年生は、朝日小学生新聞の「天声こども語」の記事を活用しながら、新しいことにふれ、「なるほど」と思った事を文章にまとめたり、作者の伝えたかった要旨をとらえたりすることを目的として、毎週取り組んでいきます。(3,4年生が同じワークシートで取り組んでいます。)

※PTA会計から支出していただくことで、朝日小学生新聞の定期購読が実現しました。ありがとうございます。